羽田→ニューヨークJFK(ANA NH110 ビジネスクラス) 搭乗記

ANAのビジネスクラスで久しぶりにアメリカ東海岸、ニューヨークへ飛びます。何度も利用しているANA BUSINESS STAGGEREDであれば、13時間の空の旅も快適です。今回は2016年に新設された羽田便に初めて搭乗します。

羽田空港まではUBER一択

これまでアメリカ東海岸へのフライトは成田空港便しかありませんでした。これはアメリカ政府と日本政府の取り決めにより、アメリカ路線昼間時間帯の発着枠がなかったからです。しかし、2016年に解禁され、2016年10月30日からついにANAが羽田-ニューヨーク便を新設、そして今年2017年からはJALも羽田空港午前中発のNY便を運行開始しました。今回は初めて羽田空港からニューヨークに向かいます。

羽田空港国際線までは、バス以外だといまのところUBER一択です。今回は午前中便ということもあり、UBERを利用しました。(詳しくは「羽田空港までUBERを使ってみた」をご覧ください)

自宅から25分ほどで羽田空港国際線ターミナルへ到着。出発ロビーは大混雑で、ANAカウンターもエコノミーどころかビジネスも行列になっていました。ただし、荷物を預けない場合は、特設の手荷物預け入れなしのビジネスクラスカウンターが利用できます。こちらはガラガラ。いつもスーツケースは機内に持ち込むのでこちらでチェックインを済ませます。

セキュリティーも大行列ですが、もちろんプライオリティーレーンを利用して待ち時間ゼロ(ちなみにプライオリティレーンのセキュリティの方がやる気なさそうなのはご愛嬌ということで・・・)

セキュリティーを通過したら、自動出国審査であっという間に出国完了です。UBERを降りて、ANAラウンジまで10分ほどでした。ここまでくると、ニューヨーク便であっても、ほぼ国内線と変わりませんね。

ANAラウンジへ

搭乗時刻まで10分ほどしかありませんが、いつものANA Loungeへ。コーヒーを1杯だけいただいて、機内で利用するものをスーツケースから取り出したら搭乗口へ。

すでにすべてのお客様の搭乗が開始されていました。ファーストクラス・ビジネスクラス専用レーンから機内に乗り込みます。

座席は安定のANA BUSINESS STAGGERED

ニューヨーク便には珍しく、ビジネスクラスはガラガラ。真ん中列の座席は、ほぼ空席でした。ウェルカムドリンクをもらい、雑誌に目を通すと、定刻通りプッシュバックが開始され、13時間ほどの空の旅が始まります。 ANAのビジネスクラスといえば、全席通路側・フルフラットシートのANA BUSINESS STAGGEREDです。今回もこの機材でNYまで向かいます。(詳しくは「羽田→シドニー(ANA ビジネスクラス B787-9) 搭乗記」「バンコク→羽田(ANA ビジネスクラス B787-9) 搭乗記」をご覧ください) アメニティーはNEAL’S YARDのポーチ。ANAのタグ付きです。中身は歯ブラシ、耳栓、アイマスク、ハンドクリーム、リップクリーム、フェイシャルミストでした。

機内食のレベルが格段に上がっていた

離陸後すぐにメニューが配られます。ANAの機内食は、とくに近年本当に美味しくなったなと感じます。今回は洋食をチョイス、飲み物は食事にあわせてシャンパン、白ワイン、赤ワインと順番にいただきました。 まずはアミューズとシャンパンをいただきます。 それから前菜とブレッド、そしてスープ。以前は決められたパンのみでしたが、今回は数種類から選ぶスタイルに変わっていました。せっかくなので全種類いただきました。スープは暖かいコーンスープです。 メインは牛肉をチョイス。これが感動するくらい美味しくて、機内食のレベルではありませんでした!非常に柔らかく、マッシュポテトも滑らかで、このままレストランで食べたいくらいです。 デザートはワゴンから好きなものをチョイスします。今回はチョコレートのムースケーキをいただきました。 食後酒を勧めていただいたのでこちらをいただきました。あまり食後酒というのを飲んだことがなかったのですが、アイリッシュコーヒーのような味でとても美味しかったです。 食後にコーヒーを飲みながら、映画を1本楽しんで、少し溜まっていた仕事をこなしてから、座席をフルフラットにして仮眠をとります。なにせニューヨークと日本は時差が13時間、ほぼ逆転なので昼便とはいえ寝ないと到着してからが大変です。さすがにニューヨークは深夜ですが、日本は昼なので熟睡はできず、起きたり寝たりを繰り返しながら5時間ほど仮眠をしました。

起きるとすぐにコーヒーをCAの方が持ってきてくれました。ついでにバニラアイスもお願いします。ビジネスクラスは、自由に注文できる食事も充実しています。乗客も少ないからか、日頃はあまりないのですが、CAの方から話しかけてくれて、いろいろと面白い話をお聞きできました。その方はニューヨーク路線の担当を4年間もされているらしく、月に1回ニューヨークに行っているそうです。それだけ行くとさすがに飽きますよね・・・ お手洗いに行くついでにビジネスクラス用のバーカウンターも。

飛行時間が残り2時間ほどになったところで、朝食をいただきます。朝食はあらかじめ準備されたもののほかに、軽食などからも選ぶことができます。 迷ったのですが・・・やはり今回もラーメンをお願いしてしまいました・・・朝食なのでフルーツだけにしようと思ったのですが、やはり一風堂のロゴを見るとお願いせずにはいられませんでした、その他に茅乃舎のスープとフルーツ、コーヒーをいただきます。途中大きく揺れることもあったのですが、CAの方が事前に教えてくれてコーヒーなどは一度下げてくれたり、食事も時間をずらして持ってきていただいたりと、さすがANAのサービスだなと感じました。

着替えて、歯を磨いたり身支度をしていたら、あっというまにJFK上空です。

今回も、何不自由なく快適なフライトでした。帰りのフライトも楽しみです!

関連記事