ニューヨークJFK→羽田(ANA NH109 ビジネスクラス) 搭乗記

アメリカ東海岸、ニューヨーク・JFK空港から羽田空港へ戻ります。2016年に新設された羽田便に搭乗しました。

羽田便は現地時間の18:15発なので、当日もゆっくり過ごすことができます。ゆっくりホテルで朝食を食べて荷物を預け、5番街をのんびり散歩しました。



チェックイン、セキュリティゲート通過、そしてラウンジへ

ホテルに戻り、荷物をピックアップしたら、UBERでJFKまで向かいます。途中ひどい渋滞に巻き込まれてしまい、結局1時間20分ほどで到着。地下鉄を使うべきだったとちょっと後悔。

ANAのサインがある扉を開けると、奥にカウンターがあります。


滞りなくチェックインを済ませ、セキュリティーレーンへ。


ファーストクラス・ビジネスクラス・スターアライアンスゴールドメンバーは専用レーンから入ります。

アメリカの出国では、スタンプはありません。搭乗券とパスポートの名前を確認されて、セキュリティーチェックへ。日本との違いは、靴は脱ぐこと、それからほんの少しの液体物があると荷物をすべて調べられること。日本でも、100ml以下の液体類は、袋に入れて出さないといけないルールがあるのですが、正直コンタクレンズの液や、トラベル用のヘアーワックスなどは荷物の中にいれていても調べられないことがほとんどです。一方アメリカは、少しでも液体物があると、荷物は別レーンへ。専用の検査官によってバックを全部ひっくり返されて調べられます。また、近年はモバイルバッテリーを入れていてもひっかかります。ホテルでパッキングするときに、液体物だけはすべて別にしておいて、きちんと表示通りに提出することが大切です。

セキュリティーを抜けるとこんなかんじ。ちなみに現在のセキュリティチェックは昔のゲート型ではなく、電話ボックスのようなところに入るパターンが増えています。アメリカの主要空港はほぼこれになっており、日本でも羽田空港の一部のゲートはこのタイプに変更されていました。子供づれや車椅子の方の場合は、従来のゲート型を開けてくれます。

ラウンジに行く前に少し空港内を歩いてみました。ANAはJFK空港の第7ターミナルを利用しています。このターミナルは中に入ってもほぼなにもありません。羽田空港や成田空港、シンガポールのチャンギ空港やバンコクのスワンナプーム空港などをイメージしているとびっくりするかもしれませんね。

フードコートは充実しています。

ちょっとしたレストランも(誰もいませんが・・・)。

ANAの搭乗口は左に曲がった一番奥に。まだ誰もいませんが、レーンはすでにスタンバイされていました。

一通り見終わったので、ラウンジへ向かいます。ラウンジはBritish Airwaysのラウンジです。British Airwaysはスターアライアンスではなく、ワンワールドなので、普段利用することはないのですが、JFK空港はなぜかこのラウンジを利用することになります。

受付の一番左がANA利用客専用のレーンです。日本人スタッフの方が声をかけてくれて、並ぶことなく中に入れてくれます。カップラーメンやおにぎりなど、ANA利用者しかもらえないフードもあります。

1 2 3