羽田空港までUBERを使ってみた

数年前から東京都内で始まったハイヤーサービスのUBER(ハイヤーサービスなのは日本だけです)。今回は、渋谷区周辺から羽田空港国際線ターミナルまでUBERを使ってみました。

呼ぶ

いつもの通りアプリから車を呼びます。

2016-04-05 08.46.36

だいたいいつも10分ほどで到着です。タップすれば詳細を見ることも可能。今回は星4.7の方がいらっしゃるようです。

2016-04-05 08.46.47

乗る

ハイヤーですので、黒塗りの車が到着。荷物も運転手さんが載せてくれて、ドアサービスもしていただきます。

2016-04-05 09.31.47

2016-04-05 09.03.37

2016-04-05 09.02.55

お金を払う

もちろんお金はクレジットカードから自動引落なので、その場で財布を出す必要もなし。完璧です。

スクリーンショット 2016-04-09 22.10.31

タクシーと比べてみる

細かな料金の比較は「リムジン配車サービス「UBER」、羽田空港への定額運賃を発表。タクシーより安価な場合も。」をご覧ください。

私は羽田空港はいまのところUBER1択です。理由は

  • タクシーとほぼ値段は変わらない(数百円の差)のに、別格のクオリティ
  • 事前予約しなくていい
  • 六本木エリアはタクシー定額がない

私は、渋谷エリアや六本木エリアからよく利用するのですが、タクシーの定額料金との差は日中は500円ほど、深夜早朝だとなんとUBERのほうが安いのです。一方でUBERのクオリティはいつどんな車でもほぼ間違いなく最高のものです。日中であっても500円の差を受け入れられるくらい最高のサービスなのです。

また、タクシーの場合定額運賃は1時間前までの事前予約が必要です。これがめんどくさい。UBERだといつ呼んでも常に定額です。これも嬉しいポイントです。

そして、よく使う六本木エリアはタクシーの定額設定がありません。前回羽田空港から帰ってくるときには、高速を降りて渋滞にハマってしまって、UBERより高い運賃を払うはめになってしまいました。やはりUBERの定額が最高ですね。