羽田→シドニー(ANA NH879 ビジネスクラス B787-9) 搭乗記

これまでシドニーは日本からスターアライアンス便の直行がなかったのですが、昨年2015年12月からついにANAが羽田からの直行便を飛ばし始めました。しかも最新機材のボーイング787-9です。今回はシドニーまでのビジネスクラス搭乗記をお届けします。

予約はAmexプラチナコンシェルジェ経由で

予約はAmexプラチナコンシェルジェ経由で行います。いつも通りの滞りのない対応をいただきました。

空港まではAmexのエアポート送迎サービス

空港までは、Amexのエアポート送迎サービスを利用します。8時に家のマンションのインターホンを鳴らすようにお願いをしていたのですが、8時ぴったりにインターホンが鳴ります。マンションの下に降りると、運転手の方がスタンバイいただいていて、荷物もすべて運んでいただきました。

1

到着したら料金3,000円をAmexのプラチナカードで払います。コソッと運転手さんの端末を確認したところ、

  • お客様負担分3000円
  • Amex負担分未納
  • 必ずカード支払い

と書かれていました。Amexプラチナカードで3000円を支払い、領収書も普段通りのものをいただきます。Amexから自動引き落としされれば、Uberのように空港で財布をあける必要もないのでいいのでしょうが、全く問題ありません。

チェックイン

いつも通りANAビジネスクラスカウンター(スターアライアンスゴールドカウンター)でチェックインをお願いして、プラオリティゲートからセキュリティとパスポートコントロールを通過して、ラウンジに向かいます。
20231502686_1a3b4dcf90_k

いつものANA Loungeへ

ANA Loungeはいつもの通り大混雑。特にシャワーは数十人待ちになっていました。

余談ですが、短パンにTシャツ姿で彼女と思われる方を連れた30歳くらいの男に、受付の方が10人以上待っている旨を伝えると、彼女がすごく困った顔をしていて、男が「何とか対応してください、困ります!」と受付の方に詰め寄っていました。冷静に考えればみんなそれでも待っているし、シャワーを浴びたいのはあなたの同行者だけではないはずですが、ああいうところに人の本性というものは出るのだなと思いました。あのようにはなりたくないものです。

さて、気を取り直して、ラウンジでビールと軽くおつまみだけいただきます。ANAのビジネスクラスは食事がかなり美味しいのでラウンジではあまり食べないことにしているのです。今回実は使用機の整備作業のため1時間ほど遅れたのですが、ラウンジスタッフの方が何度も来ていただきフォローしていただきました。
3

そのおかげでラウンジでゆっくりとした時間を過ごし、いよいよ搭乗します。

1 2 3 4