マンダリンオリエンタル東京の「The Pizza Bar on 38th」に行ってきた

東京・日本橋にあるマンダリンオリエンタル東京。その38階に、知る人ぞ知るピザの名店があります。今回はその「The Pizza Bar on 38th」に行ってきました。

エントランスから38階へ

高い天井のエントランスから、ロビーフロアの38階に向かいます。日本の伝統美を兼ね備えた凛としたロビーでは、下の階で演奏されているジャズピアノを楽しむことができます。

ロビーフロア入って左手に、オールデイダイニングの「K’SHIKI」があります。The Pizza Bar on 38th があるのは、実はこのレストランの中なんです。

受付を抜けてすぐのところに、たった8席だけの全面大理石天板のバーカウンターがあります。ここがまさしく「The Pizza Bar on 38th」なのです。

前菜はトマトと水牛のブッラータチーズ。ピッツァ生地を焼いたパンを添えて

食前酒はビールを頼んで、そのあとのワインは、イタリア・ピエモンテの ラ・ライア をいただきます。前菜はトマトと水牛のブッラータチーズ。一緒にピザ生地を焼いたパンも持ってきてくれました。

これだけでもかなりお腹いっぱいになるので、ピザを楽しみたい方は、前菜は1つでちょうどいいかと思います。

ピザ1つ目 – トマトと水牛のモッツァレラ バジル

1つ目に頼んだピザは、伝統的な「トマトと水牛のモッツァレラ バジル」です。生地に並々ならぬこだわりを持つピザは、もちろん一口噛んだらモチモチ感でビックリ!とにかく生地が最高に美味しいのです

ピザ2つ目 – トリュフの香るマスカルポーネチーズのピッツィーノ

2つ目のピザとして選んだのは、シェフオススメの「トリュフの香るマスカルポーネチーズのピッツィーノ」。四角いピザで、伝統的なモチモチしたピザとは違い、生地のサクサク感が楽しめます。濃厚なチーズ、そしてトリュフの香りとのバランスも抜群です。

今回は2名で利用しましたが、前菜1つ、ピザ2つで十分お腹いっぱいになりました。もちろんピザだけでもOK!3人以上で行けば、もっと様々な種類のピザを楽しむことができますね。ただし、8席しかないので、予約は必須です。

たしかに、ピザ1枚に2000円も3000円も払うのかと思う方もいると思いますが、日本最高レベルの職人が焼いた、日本最高レベルのピザを、たった3000円で楽しめると思えば安いものです!(お寿司なら3万円はしますからね)ぜひ訪れてみてください。

メニューは公式ページからみることができます。