American Express センチュリオンカード (通称: ブラックカード) の招待状が申し込み可能に?

American Express Centurion Card (センチュリオンカード 通称: ブラックカード) の専用サイトに、招待状の申請ページへのリンクが登場しました。果たしてこのページからの申請に効力はあるのでしょうか?

伝説的な最上級カード「American Express センチュリオンカード」とは?

American Express の中で最上級カードに位置する、American Express センチュリオンカード (通称: ブラックカード) は、名実ともに最高クラスのカードとして現在でも様々な伝説が語り継がれています。

日本語版の American Express の公式ウェブページには、American Express Centurion Card (通称: ブラックカード) に関する記載は一切にない。
americanexpress.com

American Express Centurion Card (通称: ブラックカード) は、Amex の公式ページにも存在しないため、正確な情報がわからないのですが、様々なウェブサイトからの情報をまとめると、入会金・年会費は下記のようです。

  • 入会金: 50万円(税別)
  • 年会費: 35万円(税別)
  • 完全招待制

センチュリオンカードの1つ下のランクにある American Express プラチナカードの年会費は現在 14万3000円(税込み)。したがって、センチュリオンカードの年会費は約2倍ということになります。また、Amex プラチナカードは、2019年にはこれまでの招待制から申し込み制に変更されたため、Amexの中で招待制のカードは、現在センチュリオンカードだけです。

ちなみに、日本では完全非公開のセンチュリオンカードですが、アメリカの Amex のウェブページには、Centurion Card のページが存在して、その中に規約等も書かれています。

  • 入会金: $10,000(約109万円)
  • 年会費: $5,000(約55万円)

American Express Centurion Card」の招待状が申し込み可能に

センチュリオンカードを取得するためのプロセスはもちろん完全非公開のため、招待状が送られてくる条件について様々な憶測が飛び交っていました。

  • カードホルダーの平均年収は2億円。最低でも1億円は必要
  • 月に100万くらいの利用では到底取得不可。最低でも事業経費を除いて2-300万円は必要

しかしながら、今回 Amex は「American Express Centurion Card」の招待状を申し込みできるページを新たに開設しました。

申し込みは、メンバー専用ページから

American Express Centurion Card」の招待状申し込みは、センチュリオンメンバー専用のウェブページ centurion.com から行います。

centurion.com

ページ下に、

Interested in Centurion Membership? Click Here.

訳: センチュリオンカードへの入会に興味がありますか?こちらをご覧ください

という表示があります。これをクリックすると、必要な情報を記入するページが表示されます。

ページには、このように書かれています。

Centurion Membership is by invitation only.

If you are interested in being considered for invitation to Centurion Membership, please provide the information below:

訳: センチュリオンカードへの入会は招待制です。

もしセンチュリオンカードへの入会をご検討されたい場合は、下記の項目をご記入ください。

なお、このフォームを送信したからといって、カードへの申し込みが行われたり、招待状送付が確約されるわけではありません

情報を送信すると、このようなページが表示されます。

If you are selected to apply for Membership, you will receive an invitation via your mailing address on file.

訳: もし入会申し込みに選ばれた場合は、Eメールにてご連絡いたします。

これで申し込みは完了です。

American Express Centurion Card」のブランドは保たれるのか?

今回の変更で私がもっとも興味深い点は、Amex の高いブランド力は保たれるのか?ということです。近年 Amex は非日常の特別なカードから、日常使いのカードへのシフトを進めています。プラチナカードが紹介制から申込制になり、コンビニやガソリンスタンドでのポイント還元率の訴求も増えました。年会費15万円近くするクレジットカードホルダーにもリボ払いのDMが送られてくることもあります。

送られてきたDM

そして聖域だったセンチュリオンカードにも、いよいよ一般化の波がやってきました。Amex は果たして現在のブランド力を保つことができるのでしょうか?そして突然現れたこのリンクは、果たして本当に聖域への扉なのでしょうか?注目です。

関連記事