Andaz Wall Street (アンダーズ ウォール・ストリート)- Andaz Suites 宿泊記

約3年ぶりのニューヨーク。今回は少し南の金融街・ウォール・ストリートにある「Andaz Wall Street」(アンダーズ ウォール・ストリート)で8日間過ごしました。Andaz(アンダーズ)はハイアットグループの中でも「ライフスタイルホテル」として位置付けられているブランドで、堅苦しくなく自宅に入るように過ごせることをコンセプトに作られたホテルです。

マンハッタン島の最南端に位置するウォール・ストリートは、言わずと知れた金融の街。Andaz Wall Streetはそのど真ん中に位置します。3分ほど歩けば有名なニューヨーク証券取引所、10分ほど歩けば、9.11の悲劇の場所となったグランドゼロがあります。


中に入ると、Andazらしい明るい雰囲気のロビー、そして気さくなスタッフが迎え入れてくれました。ここがグランドハイアットやパークハイアットとは違うところですね。

部屋はジュニアスイートタイプの「Andaz Suites」

今回予約した部屋はジュニアスイートタイプの「Andaz Suites」。一番リーズナブルな客室との差額が$15しか変わらなかったので、迷わずこちらを選択しました。

中に入ると、たくさんの窓から光が差してとても明るい室内。



こちらがデスク。スイートによくある両方向カウンタータイプの広いデスクです。

ベッドはキンズサイズが1つ。サイドテーブルにiPodのスピーカーがあるのですが、最新のiPhoneはコネクターが違うので使えません・・・最近このパターンが増えているのでなんとも勿体無い限りです。

大きなクローゼット。中にはバスローブやアイロンが完備されています。

そして、お風呂!ニューヨークは一定のレベル以上のホテルでも、客室にバスタブがあることは稀です。今回アンダーズを選んだ理由の1つはこのお風呂でした。朝起きてさっとシャワーを浴びて、夜はお風呂を入れてゆっくり1日の疲れを癒す。そのためにバスタブは必須です!

広い洗面スペース。

リビングダイニング側のテレビ台の下には、ちょっとしたスナックとお酒が。

こちらはスパのメニュー。滞在中は利用しませんでしたが、地下にスパがあるようです。

そして、今回思いがけないサービスが。実はこのホテルはアルコール以外のIn-room Barとスナックが無料。毎日のハウスキーピングの時に補充してくれます。水やちょっとしたスナックは必要な時にないことが多いのですが、今回は毎日補充をしてもらったので安心でした。ちなみに写真の冷蔵庫はちょっと少なめなのは、水とフルーツジュースを飲んでしまったからです。


そして、もちろん金庫も。

1 2