シカゴ・オヘア国際空港→羽田空港(ANA NH111 ビジネスクラス) 搭乗記

今回は、シカゴのオヘア国際空港から羽田空港までのフライトです。アメリカ東海岸から羽田便が就航してからというもの、成田便の選択はほぼなくなりました。機材はいつものANA BUSINESS STAGGEREDです。今回はもう1つ楽しみがあり、シカゴのオヘア空港でユナイテッド航空の新しいブランドである「UNITED Polaris」のラウンジも楽しみました。これまでのUNITED Clubとは全く違うスタイリッシュな素晴らしいラウンジでした。

初めての「ユナイテッド・ポラリス」へ

今回はニューヨークからの経由だったため、シカゴでのチェックインなどはなく、空港に到着して制限エリア内を5分ほど歩いたらラウンジに到着です。シカゴのオヘア空港は免税品などはあまりなく、国内線の空港に近いので、お土産などは制限エリアの外で買ったほうがよいでしょう。


搭乗券を見せて中に入ると、大きなカウンターと、食事が目に入ります。



1つ1つが独立したパーソナルチェアー席と、食事が楽しめる通常のテーブル席、そして一般的なラウンジにあるソファー席が準備されています。



ポラリスでは、フルサービスの食事も提供されているようですが、今回は食事をニューヨーク→シカゴの機内で食べてきたので、軽食とワインだけいただきました。

この後の長旅に備えてシャワーを浴びます。一般的な海外にあるラウンジのシャワーに比べたら格段に綺麗でした。




前述のように免税店もないので、ギリギリまでラウンジで過ごし、機内に向かいます。

1 2 3 4