ユナイテッド航空がビジネスクラス一新 〜「ユナイテッド・ポラリス」完全解説〜

現在のビジネスクラスは、かつてのファーストクラスをしのぐとも言われています。そのため航空各社はさまざまな志向を凝らした新しいビジネスクラスを次々に発表してきました。その中でも圧倒的に遅れをとっていたのが米国系航空会社。アメリカ本土からアジア路線は飛行時間も長くなるため、ビジネスクラスのニーズが高いにもかかわらず、アジア系航空会社(ANA, JAL, シンガポール航空やタイ国際航空)などと比べると、現在のビジネスクラスは「ビジネスクラス」と呼んでよいか迷うものでした。私もアメリカの航空会社だけは、キャビンクラスにかかわらずパス。経由便でもアジア系航空会社を選択していました。そしてついに先日ユナイテッド航空とデルタ航空が相次いで新ビジネスクラスを発表しました。期待をしていいのか?名前だけか?まずはスターアライアンスのユナイテッド航空からその詳細を見ていきましょう。

「ユナイテッド・ポラリス」 キーワードは睡眠

ユナイテッド航空の新ビジネスクラスは「ユナイテッド・ポラリス」

「ユナイテッド・ポラリス」は北極星にちなんで命名された新ビジネスクラスで、出発から到着までの快適な睡眠がキーワードです。12月から随時導入されます。

panel-half

ラウンジが大きく変化

今回の新コンセプト「ポラリス」は単純に座席が変わっただけではなく、ビジネスクラスのコンセプトがすべて刷新されています。そのため出発前のラウンジも大きく変化します。

「ユナイテッド・ポラリス」では、食事に加えて、シャワー設備やビジネス設備も充実しています。そして、今回のコンセプト「睡眠」に合わせて、アメリカの航空会社として初めてベットタイプのスリープポッド(仮眠室)も完備します。この新しいラウンジは12月1日にシカゴでオープンし、その後2017年にロサンゼルス、サンフランシスコ、ヒューストン、ニューヨーク、ワシントン・ダレス、香港、ロンドン、そして東京成田空港でもオープンする予定です。

lounge-half

exclusivity-1-1390-691

dining-2-half

dining-3-half

dining-1-half

exclusivity-2-half

rejuvenation-full-desktop-half

1 2 3