Amex プラチナカードの偽造カードが作られた(第一報から解決まで)

今週、Amexから1通のメールが送られて来ました。そこには驚愕の事実が・・・

空港のラウンジでのんびりしていると、Amexから1通のメールが届きました。

伊勢丹新宿本店で約45万円ほどの利用があったが、本人の利用かどうか確認をするものでした。ちょうどこの日は海外にいたので、私は使っておらず、家族カードを持っている妻に聞いても使っていないとのこと。「いいえ」の赤のボタンを押して、時間になったので東京行きの飛行機に乗りました。

羽田空港に着いたタイミングでAmexの監理課から電話が。話を聞くと

  • 新宿伊勢丹本店で、45万円の利用があった
  • 不正な利用が疑われたので、システムが直前で決済拒否をした
  • インターネットからの利用ではなく、リアル店舗でカードを提示して利用していた
  • 明細には一切載らないので安心してほしい
とのことでした。

その他に、

  • カードが盗難にあっている可能性はないか?
  • 現在発行しているカードはすべて手元にあるか?
という確認もされました。

実は、私はメインカードは自宅に保管していて、日頃はセカンドカードを利用しています。メインカードは主にAmazonやUber、公共料金の支払いなど、ネット経由の利用専門に使っており、リアル店舗ではセカンドカードを利用しているのです。こうすることで、カードを紛失したり、磁気が弱くなって交換になっても、登録しているカード番号を変更する必要がないからです。

手元には確かにセカンドカードがあり、メインカードも自宅にありました。家族カードも手元にあることを確認。

明らかに偽造カードを作られている

この状況から、おそらく間違いなくカード番号等がすべて流出して、偽造カードを作られてしまっていました。Amexの担当の方と、直近の利用を確認して、幸いにも被害はないことを確認。ただし、現在の番号は使えないので、メインカードは即時無効化して、新しいものを送ってもらうことにしました。

驚いたのは、公共料金に関しては、Amexのシステムと先方のシステムが連携しているため、カード番号の更新をしなくても、自動で更新されるそうです。ただし、AmazonやUberなどネット決済系は自分で変更する必要があります。

なにはともあれ、被害がなくて何よりでした。

対策はあるのか?


正直、偽造カードを防ぐ手立てはないと思います。しかしながら、Amexは不正検知システムを導入しており、常に利用を監視してくれていますし、幸いにも不正利用されても100%保証をしてくれるので、安心して利用してよいと考えています。それがAmexのブランドであり、年会費の価値でもあると思っています。定期的に明細を見て、怪しい利用があれば連絡すれば、怖がる必要はありません。私も今回被害はありませんでしが、万が一利用されていても、ちゃんとAmexが保証してくれるので安心してくださいと何度もいわれました。

一方で、カードが無効化されてしまうと、新しいカードが届くまでのあいだ、カードが使えなくなります。プラチナカードホルダーであれば、無料でセカンドカードを作ってもらえるので、事前に作っておいて自宅の安全なところに保管しておくことをオススメします。