Amexホルダーなら海外旅行時に借りるWifiルーターの保険はかけなくて大丈夫

私はいつも海外に行く際は空港で4Gのwifiルーターを借りています。実は以前アメリカを訪れた際、最終日にタクシーにwifiルーターを忘れてきてしまいました。成田空港で気付き、wifiを借りた会社に連絡。残念ながらオプションで付けられる保険に入っていなかったので、損害金として3万円を支払うことになりました。

しかしこの3万円は、後日全額戻ってきました。

実は、Amexの海外旅行保険には損害賠償補償というものがあります(その他、多くの保険にも同様のものが付いています)。これは海外渡航中に誰かに不利益を与え、損害賠償請求されたときに補償してもらえるというものです。

アメリカン・エキスプレス・カードの場合

スクリーンショット 2015-03-15 22.52.05

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの場合

スクリーンショット 2015-03-15 22.50.03

wifiルーターをなくしてしまった私は、当然wifiルーターを貸してくれた会社にルーター代を弁償をするのですが、この「弁償」は正式にはこの会社への損害賠償金なので、この保険が適応されるというわけです。ちなみに自分のものをなくした場合は、損害賠償ではないのこの保険は使えません。

実際には、但書きを「損害賠償金」と書いてもらった3万円の領収書を保険会社に送れば手続きは終了。1ヶ月ほどしたら、保険会社から全額が振り込まれていました。

Amexは保険関連が最高に充実していますので、こういう時は安心です。

最後になりますが、実際の細かな補償内容は保険会社とよくご確認ください。今回のケースは参考としてお読みいたたければと思います。