スターアライアンスゴールドになるためには(基礎編)

前回スターアライアンスゴールドの特典についてご紹介しました(参考:「スターアライアンス・ゴールド」サービス完全ガイド)。今回は、スターアライアンスゴールドメンバーになるための方法についてご紹介します。まずは今回は基礎編ということで、具体的な方法というより、考え方をご紹介します。


16919673699_216f23ccd5_k
スターアライアンスゴールドメンバーになるためには、スターアライアンスに加盟している航空会社の飛行機にたくさん乗らなければなりません。日本の航空会社でスターアライアンスに加盟しているところはANAです。もちろんシンガポール航空やタイ国際航空、中国国際航空やユナイテッド航空などもスターアライアンスメンバーなので、それらの航空会社を使ってもいいのですが、ANA以外は当然国際線しか飛んでいません。また、ANAメインでスターアライアンスゴールドになると、継続時にとてもメリットがあるので、今回はANAを使って、スターアライアンスゴールドになることを考えてみましょう。

マイルとプレミアムポイントを理解する

飛行機に乗ったり、クレジットカードで買物をしたり、現在様々なところでマイル(「マイレージ」)というポイントが貯まりますよね。実はスターアライアンスゴールドのような上級会員になることと、たくさんマイルを貯めることは無関係なのです。ANAを使ってスターアライアンスゴールドになるためには、「マイル」ではなく「プレミアムポイント」を貯める必要があります

マイルを貯めることは実はそれほど難しいことではありません。飛行機に1年間1回も乗らなくても、日々の支払いをクレジットカードにしたり、TカードやPontaなどのポイントカードを提示することで、それをすべてマイルに交換して10万マイルくらい(アメリカまでファーストクラスで往復できるくらい)貯めている方は、けっこういらっしゃいます。

しかし、私たちが貯めなければならないのは、マイルではなく「プレミアムポイント」です。そしてこのプレミアムポイントは絶対に飛行機に乗らなければもらえません。

プレミアムポイントをいったいどのくらい貯めればいいのか?

ANAを使ってスターアライアンスゴールドになるためには、「プレミアムポイント」を1年間で50,000ポイント貯める必要があります

スクリーンショット 2016-03-19 09.12.27

ただし、プレミアムポイントの有効期限はその年の1月1日から12月31日までです。たとえば、2015年12月31日までに49,900ポイント貯めても、2016年1月1日はそれはすべて0に戻ってしまいますので、またゼロからやり直しです。絶対にその1年間で50,000ポイント以上貯める必要があります。したがって、狙ってスターアライアンスゴールドになるためには、「この年になるぞ!」と決める必要があるのです。

1 2 3