イスタンブール→ロンドン・ガトウィック空港(トルコ航空 TK1981 ビジネスクラス) 搭乗記

今回は、イスタンブールからロンドンまで向かいます。イスタンブールにはバンコクから入り、午前3時半に到着。ロンドン便まで2時間ほどラウンジでゆっくりして、ロンドンに向かいます。楽しみはもちろん世界最高レベルの「トルコ航空ビジネスクラスラウンジ」です!

早朝到着を忘れるほどの空港設備

世界最大の就航数を誇るトルコ航空のハブ空港であるイスタンブール国際空港は24時間眠ることはありません。同じ24時間動いている羽田空港やシンガポールのチャンギ空港ですら、午前2時から5時くらいは電気も消え、ほぼすべてのお店が閉まりますが、イスタンブール空港はまさに24時間フル稼働で動き続けています。

忘れてしまいそうですが、この写真を撮ったのは到着後午前4時前です。それでもこれだけのお店が開いています。

もちろんレストランも。

トルコアイスのお店ももちろんあります。

トランジットは世界最高レベルのトルコ航空ビジネスクラスラウンジです

イスタンブール空港の一番の目玉は、やはり世界一と称されることも多い、トルコ航空のビジネスクラスラウンジです。

カウンターに寄らずとも、搭乗券のバーコードで入手できます。入手するとすぐにWiFiパスワード発行機に再度搭乗券をかざしパスワードを発行します。

そして荷物をロッカーへ。

何度訪れてもその大きさと豪華さに驚いてしまいますね。

こちらは映画館です。

ゴルフスペース。もちろん使えます。

大型スクリーンではありったけのテレビ番組が放送されています。

ゲームコーナーも。

シャワーを浴びて食事を少しだけ食べました。

そして、ロンドンに向けて再度出発です。

ロンドン・ガトウィック空港へ

座席は2-2配列の小型機です。

搭乗すると、すぐにウェルカムドリンクを持って来ていただきました。

予定通りにイスタンブールを出発します。さすがトルコ航空、見渡す限り赤い翼です。

エンターテイメントシステムも完備。

小型機ですが、フライングシェフももちろん同乗しています。

機内食のメニューはこちら。

1人1人、丁寧にサーブしていただきました。

こちらが前菜。

そしてメインの卵料理です。

食事を終えて溜めていた本を読んでいたらドーバー海峡を渡り、いよいよロンドンへ。

定刻通り、無事に到着しました。

最近ヨーロッパ線はトルコ航空を利用することが本当に多くなりました。今回のフライトも非常に満足のいく素晴らしいフライトでした。

関連記事