成田→バンコク・スワンナプーム(タイ国際航空 TG643 ビジネスクラス) 搭乗記

今回はタイ・バンコクまでのフライトです。いつもバンコクまではANAを利用しているのですが、前回のタイ国際航空のフライトが素晴らしかったので(参考:「ローマ→バンコク(タイ国際航空航空 TG945 ビジネスクラス) 搭乗記」)、はじめて日本からのタイ国際航空(TG643)を選びました。機材はエアバスA330-300、成田からバンコクまで約6時間のフライトです。

成田空港まではスカイライナーを利用します。日暮里から約30分。新幹線を除くと日本で一番早い電車だそうです。

駅を降りて、スターアライアンスターミナルの成田空港第1ターミナルへ。いつもはANAのビジネスクラスカウンターですが、今日はタイ国際航空のカウンターに向かいます。

タイ国際航空のビジネスクラスは「ロイヤル・シルク」と呼ばれます。専用カウンターで並ぶことなくチェックイン完了。

こちらはファーストクラス専用チェックインルーム。いまだ使ったことはありません。

セキュリティーチェックへは、スターアライアンスゴールド専用のGOLD TRACKを利用します。ANA便であれば、ファーストクラス専用チェックインルームの横にある「Priority Lane」を利用できますが、今回はタイ国際航空なので、GOLD TRACKを利用します。

セキュリティーチェックと出国手続きを終えると、いつものANAラウンジへ。昨今は国際線の多くが羽田空港を利用していることもあり、ラウンジは比較的ガラガラでした。




少しだけ仕事が残っていたので食事は取らず、コーヒーだけいただいて搭乗します。

1 2 3