ローマ→バンコク(タイ国際航空航空 TG945 ビジネスクラス) 搭乗記

今回はタイ国際航空でイタリアのローマから、タイのバンコクまでのフライトです。はじめてのタイ国際航空のビジネスクラス。非常に満足のいく素晴らしいフライトでした。

ローマ市内から空港までは「レオナルド・エクスプレス」

ローマ市内と空港まではタクシーでもそれほど離れていませんが、荷物があまり多くないのならレオナルド・エクスプレスがオススメです。ローマのターミナル駅とレオナルドダビンチ空港をノンストップ、約30分で結んでいます。便数も多く、15分に1本ほど出ているので、非常に便利です。bkk_1
bkk_2

スムーズなチェックイン

タイ国際航空は、ターミナル3に出発ゲートがあります。駅を降りて、少し進めばカウンターは目の前です。ROYAL SILKカウンター(ビジンスクラスカウンター)で手続きをします。
bkk_3
bkk_4
ラウンジは、スターアライアンスではありませんが、アリタリア航空のラウンジパスももらいます。受付の方に、搭乗ゲートがすごく遠いので気をつけて下さいと言われながら、ラウンジに向かいました。
bkk_39
セキュリティーチェックはFAST LANEを利用して、スムーズに通過。そこからEU圏からの出国手続き。搭乗口までは実際にけっこう歩く事になりました。出国時に顔が見えるページを開いて出したら、手を添える事なくその上にバン!とスタンプを押されてしまいました・・・ここVISAページじゃないですよね・・・
bkk_40
ラウンジに行く予定でしたが、思った以上に遠いのと、搭乗開始まで10分ほどでしたので今回はパス。軽く免税店を見て、搭乗します。

1人1人に最高のおもてなし

キャビン入ってすぐの席に座ります。座席は2-2-2列型。本来この路線は独立シートタイプなのですが、私が搭乗したときは機材が変更になっており、この2-2-2のタイプになっていました。
bkk_7
bkk_8
搭乗するとすぐに温かいおしぼり、そしてウェルカムドリンクを持ってきてくれます。この温かいおしぼりは、いわゆる欧米系のペラペラタオルではなく、日本でも使われるようなしっかりとしたものでした。このあたりがアジアの航空会社のクオリティの高さを感じさせてくれます。
bkk_9
ウェルカムドリンクは何にするか聞かれたので、何があるのか聞き返したところ、通常のドリンクメニューの中からどれからでも好きなものを持ってきてくれるとのこと。通常はお酒とソフトドリンク2,3種類からですが、1人1人の要望に答えようとしてくれます。まずはアップルジュースをお願いしました。グラスはプラスチックなどではなく、きちんとしたグラスで持ってきてくれました。
bkk_20
出発前にお手洗いに。中はこんなかんじ。窓があるのがいいですね!
bkk_31
スリッパに履き替えて、長旅に備えますbkk_10

1 2 3