AMEXのプラチナ・コンシェルジェ・デスクにベトナム・ハノイ行きの航空券の手配をお願いしてみた

急遽ベトナム・ハノイへの出張が決定しました。いつもは自分で調べて手配するのですが、今回は少々事情が複雑だったので、航空券の手配をAMEXのプラチナ・コンシェルジェ・デスクにお願いしてみました。

今回航空券手配のために伝えた条件は下記の5つです。

  • 出国前日の夜は食事の予定が入っている
  • 使える日程は出国日と翌日の2日間
  • ハノイでの打ち合わせは出国翌日の午後にあり、17時まではスケジュールがロックされている
  • 出国3日後の夕方には成田空港発の便で、アメリカへの出張がすでに決まっている
  • スターアライアンスゴールドなので、スターアライアンス便だと嬉しいが必須ではない

実はAmexにお願いする前に自分でも調べてみたのですが、あまりいいスケジュールが見つけられませんでした。というのも、ベトナム便の場合最低2泊以上しなければ各航空会社の割引が効かないため、1泊(つまり往路→一泊→復路のフライトスケジュールの場合)往復だけで30-40万くらいしてしまいます。上記の条件を満たして、かつ現実的な値段で移動するスケジュールを組むのは大変です。いったんは諦めたのですが、ダメ元でAMEXへお願いしてみました。

Amexからの提案

5319540522_4f4c6406f6_b

Singapore Airlines Airbus A380-841; 9V-SKG@ZRH;26.12.2010/591bq by Aero Icarus

夕方18:00ごろにAMEXのプラチナ・コンシェルジェ・デスクにメールで依頼をしてから2時間語の20:00に早速AMEXのプラチナ・コンシェルジェ・デスクから折り返しの電話がかかってきました。

まずやはり直行便は難しいとのこと。しかしながら、シンガポール航空を利用してシンガポール経由にすれば現実的な値段かつ無理のないスケジュールで手配可能とのことでした。

Amexからの提案はこのようなものです。

まず、行きは予定していた出国日の前日夜の羽田便を利用します。その日は食事の予定が入っていると伝えていたのですが、夜遅い便なので提案いただきました。時間を確認したところ食事のあとに羽田に向かうことは十分に可能です。依頼があればお店にタクシーを呼ぶことも可能なので検討してほしいとのことでした。

羽田を出発し、翌日の朝にシンガポールに到着します。そこから約2時間のトランジットでハノイに向かいます。

ハノイ入りの翌日19:00の便でシンガポールへ戻ります。打ち合わせの終わりの時間もクリアーされています。そしてシンガポールで乗り継ぎをして成田に向かいます。シンガポールでは、45分しか乗り継ぎ時間がないタイトなスケジュールでしたが、搭乗口の構造などから問題ないことも確認してもらいました。

成田に到着するのはアメリカ出張予定日の午前中。羽田着の場合移動が発生しますが、あえて帰りは成田着を提案いただいたので、そのまま成田トランジットでアメリカに出発することが可能です。

料金も10万円以内と現実的な価格。素晴らしい提案でした。

1 2