2019年11月1日、国内3つ目のアマンホテル「アマン京都」が開業

アマングループは、2019年11月1日に国内3つ目のアマンホテル「アマン京都」を京都市北区の鷹峯(たかがみね)地区に開業すると発表しました。

国内3つ目のアマンホテル

現在日本では2014年に東京の大手町に開業した「アマン東京」、2016年に伊勢志摩に開業した「アマネム」があります。アマン京都が開業すれば、国内3ヶ所目の開業となります。

敷地面積は広大な約2万4000平方メートルに、たった26部屋

アマン京都は、京都駅からタクシーで30分ほど、金閣寺北側の鷹峯(たかがみね)地区に建設されています。

敷地面積は広大な約2万4000平方メートル。一方で準備される客室は、4つの宿泊棟にたった26部屋。24部屋の客室と、2棟のプライベートヴィラしかありません。

客室の他には、

  • 主にフロント業務を行うアライバル棟
  • 京都の季節の素材を使った日本料理が楽しめるレストラン棟
  • 暖炉や広大な庭をオープンテラス越しに楽しめるオールディダイニングがあるリビング棟
  • 天然温泉施設を備えたスパ棟

があります。

リビング棟にあるオールデイダイニングでは、食事はもちろんアフタヌーンティー、そして京都のおばんざいスタイルの食事やお茶のほか、竹籠で提供される軽食、屋外でのピクニックなども提供される予定です。

スパ棟では、天然温泉を備えたアマン・スパが楽しめます。京都らしい宇治茶、丹波の黒豆、地酒、椿オイルやきびそ繭、金箔など、京都由来の材料を使ったトリートメント、庭のオープンスペースでのヨガや瞑想など最高の体験が準備されています。

価格はアマン東京を上回る予定

主な顧客は海外富裕層となる予定で、プライベートを守るために宿泊者同士は顔を合わせにくいようになっており、価格帯はアマン東京を上回る予定とのことです。

関連記事