京都・嵐山に「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」が本日開業

本日2015年3月23日、京都嵐山「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」が開業しました。

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」が生まれた嵐山は、古(いにしえ)より風光明媚な景勝地として貴族が別荘を構え、世界遺産「天龍寺」や「渡月橋」など数多くの名所・史跡を擁す、格式ある歴史と文化に育まれた地として知られています。中でも、この「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」は、司馬遼太郎氏が『目の前に、嵐山の翠巒(すいらん)が盛り上がっている。丘としては日本でもっとも美しい。』と称賛した、四季折々に美しい姿を現す嵐山の稜線を望める恵まれた立地にあります。この地だからこそ実現できる世界観を「翠嵐」という言葉に込められています。

客室

ss_1_150225

ss_2

保津川越しの嵐山と、世界遺産天龍寺などに隣接する雅な立地に居を構える同ホテルの客室は全39室。宿泊料金は65,000円から。神秘的な存在である月をテーマとした上品な華やかさを持つ空間の客室や、翡翠、菫(すみれ)、藍など日本古来の伝統色をキーカラーとしたインテリアが特徴です。庭園や保津川越しの絶景を楽しめ、嵐山温泉を引く専用露天風呂とテラスを有するスイートルームや和客室も備えています。

レセプション、レストラン、甘味処・カフェ

ss_3_150225

ss_4

レセプションエリアでは、離宮の装飾である御簾(みす)や格子をオマージュした格調高い設えで、中央カウンターでは中庭を眺めながら日本の伝統色である菫色を用いたチェアが準備されています。

レストランでは、伝統的な日本料理に現代のエッセンスを加えた会席料理や、特別な空間を演出する個室での鉄板焼が楽しめます。また、築100年超の歴史ある建物をリニューアルし、保津川を望むテラスでは、甘味や飲物と共に、京都・嵐山にふさわしい特別な時間を過ごすことができます。

外資系高級ホテルオープンラッシュに沸く京都

15081477325_c0789a6b65_k
京都では、2014年2月にザ・リッツ・カールトン京都がオープンし、さらに今後はフォーシーズンホテルも開業を予定しています。京都は2020年までに外国人宿泊客数年間300万人を目標に観光事業に特に力を入れています。これからのますます発展する京都に目が離せません。

ご予約はインターネットから可能です。これからの季節に、古都京都の最先端を体験してみてはいかがでしょうか?