成田→ニューヨークJFK(ANA NH10 ビジネスクラス) 搭乗記

今回は、ANAのビジネスクラスで成田空港からニューヨークのJFKまで飛びます。羽田空港ではなく成田空港からのフライトです。

成田空港にはいつも特別なドキドキが

スケジュールの関係で、今回は成田空港を利用しました。たしかに羽田空港のほうが近くて便利なのですが、成田空港にはこれからの長旅へのワクワクやドキドキなど、今でも特別の空気あります。

チェックインは、いつもの通り、いつの場所で行います。

こちらはファーストクラスとスターアライアンスダイアモンドメンバー向けのチェックインカウンターです。

ビジネスクラスやスターアライアンスゴールドメンバーは、GOLD TRACK からセキュリティーに進むことができます。またANAの上級会員の方は、ターミナル右奥(Subwayサンドイッチの奥)のPriority Laneを利用することもできます。このPriority Lane は知らない方もいるようですが、いつもガラガラなので覚えておくといいかもしれません。なお、ANA以外の航空会社を利用される方は利用することはできません。

成田空港ANAラウンジへ

セキュリティからパスポートコントロールを抜けて、いつも通りのANAラウンジに向かいます。

今回は少し細かくANAラウンジをご紹介したいと思います。

入ってすぐにたくさんの座席があります。主にビジネスマンなど、1人で利用されている方が多いように思います。

食事コーナーには、おにぎりや軽食、サンドウィッチやサラダなどが置かれています。

スープも2種類から選ぶことができます。

飲み物は、海外の人に大ウケの自動ビールサーバー、それから各種アルコール類、ワイン、ソフトドリンクが準備されています。

また、日本酒や焼酎バーもあります。

奥にはヌードルバーがあり、お蕎麦やうどん、ラーメン、それからカレーを頼むことができます。

ラウンジを奥の方に進むと、家族連れの方など用の広めの座席、テーブルタイプの座席、それから仮眠スペースなども用意されています。入ってすぐのところ以外にも様々な座席が準備されていますので、もっともくつろげる場所を探すと良いですね。

ラウンジ内には様々な設備も整っています。

まずは、ANA便を利用される方はコンシェルジュデスクで座席の変更や便の変更、確認などカウンター業務を行ってもらえます。

それから、外貨への換金も長い行列に並ぶ必要はありません。主要通貨であれば機械で換金できます。

お仕事で行かれる方や、ホテルの情報などをあらかじめ印刷しておきたい方は無料のコピーも完備されています。

今回は昼食を食べていなかったのでカレーをいただきます。実はこのあと仕事を終えると小腹が減ってラーメンも食べてしまったのですが、どちらも美味しくいただくことができました。

カウンターの座席からは、到着した飛行機を間近に見ることができます。

シェフによるお寿司とお茶漬けのサービス

成田空港と羽田空港の国際線ANAラウンジでは、時間限定でシェフによるお寿司とお茶漬けのサービスを実施しています。今回はお寿司のサービスが実施されていました。

現在下記の時間帯で実施されていますので、もしこの時間にANAラウンジを利用することがあれば、食べてみてはいかがでしょうか?

  • 成田空港国際線第5サテライト ANA LOUNGE(毎日15:30頃~16:30頃)
  • 成田空港国際線第4サテライト ANA LOUNGE(毎日17:00頃~18:00頃)
  • 羽田空港国際線114番ゲート付近 ANA LOUNGE(毎日9:00頃~10:30頃)

シャワーブースは快適だが、混雑に注意

ラウンジで仕事を終わらせると、シャワールームへ向かいます。ANAラウンジのシャワールームはいつも非常に混雑しているのでギリギリに行くと使えないこともかなり多くあります。利用予定の方は余裕を持って空港に行かれることをオススメします。

さて、いよいよ搭乗します。

いつものANA BUSINESS STAGGERED

搭乗口ではダイヤモンドメンバーの優先搭乗が始まるところでした。ビジネスクラスの優先搭乗で機内へ向かいます。

座席はいつものANA BUSINESS STAGGERED。必要なものはすべて揃っています。

アメニティは、いつもの「NEAL’S YARD REMEDIES (ニールズヤードレメディーズ)」です。ハンドクリーム、フェイシャルミスト、リップクリーム、歯ブラシ、アイマスク、耳栓が入っています。

雑誌類は、翼の王国、免税品カタログ、そしてエンターテーメントリストです。メニューは上空に上がるとCAさんが持ってきてくれます。

さて、いよいよプッシュバック、ニューヨークにむけてフライトが始まります。

食事の時間

上空でベルト着用サインが消えると、CAさんがメニューを持ってきてくれます。

ANAビジネスクラスの機内食は、「THE CONNOISSEURS(ザ・コノシュアーズ)」と呼ばれており、日本各地の名店とコラボレーションした料理を楽しむことができます。今回和食は「銀座奥田」、洋食は「ESqUISSE(エスキス)」、デザートは「ピエール・エルメ・パリ」とのコラボレーションです。

まずは、ワインから。

もちろん日本のエアラインにふさわしく日本酒、焼酎なども充実しています。

そしてこちらが食事のメニューです。今回は洋食をいただきました。

ビジネスクラスでは、いつでも注文できるメニューも準備されています。ニューヨーク便のような長距離便では好きなものをいつでも注文できるのは嬉しいですね。

さて、食事の時間です。

メインは牛肉のステーキ

食前酒はいつもシャンパンをお願いします。アミューズとともに運ばれてきました。

前菜はこちら。

メインは最近本当に美味しくなった牛肉のステーキと決めています。このステーキ、騙されたと思って食べてみてください。本当に美味しく焼けています。

最後にチーズとデザートをいただきました。

フルフラットにして仮眠

食事を食べ終え、しばらく1人の贅沢な時間を過ごし、到着に向けて仮眠をとります。ANAビジネスクラスのシートはもちろん180度に倒れるフルフラットシート。寝具は、東京西川の「エアーサイクロン」、かけ布団、枕が準備されています。

いよいよ到着

起床した後はお手洗いで身なりを整えます。お手洗いにはマウスウォッシュや歯ブラシ、化粧水などが常設されています。

お手洗いの横にはバースペースも。

到着前の食事はいつでも頼めるメニューからいくつかをチョイス。せっかくなので、「ESqUISSE(エスキス)」のラザニアも頼んでみました。大変美味しくいただきました。

身支度を整えたら、ニューヨークに到着です。12時間ほどのフライトでしたが、とても快適に過ごすことができました。

関連記事