ANA、2019年から刷新されるハワイ路線「ANA HAWAii」を発表 – 機材は総2階建てA380で寝そべりシートも

ANAは、2019年春からの就航を目指しているホノルル線最新機材「A380」の詳細を発表しました。これまでのANAとは全く違う驚くような仕掛けがたくさんありました。

ANAの新しいハワイは「ANA HAWAii」

2019年からまったく新しくなるANAのホノルル線のテーマは「ANA HAWAii」です。

新しいANAのホノルル線で提供していく「心地いい(Kokochi ii)」「気持ちいい(Kimochi ii)」「かわいい(Kawa ii)」など様々なハワイの「いい(ii)」を、お客様の驚きに変えていくという想いをこめたANAのホノルル線のコンセプトです。

機材はホノルル線専用の総2階建て「A380」

機材は、ホノルル線のためだけに購入した3機のエアバスA380総2階建の超巨大飛行機です。

これらの機材に、それぞれ

  • ハワイの「空」をイメージしたANAブルー
  • ハワイの「海」をイメージしたエメラルドグリーン
  • ハワイの「夕陽」をイメージしたサンセットオレンジ
の3つの特別塗装が施されます。

この特別塗装機の名前は、「空飛ぶウミガメ」という意味を持つ「FLYING HONU」。この「ホヌ」は、ハワイ語でウミガメという意味。ハワイではウミガメは大変神聖な生き物とされ、ウミガメを見ると、幸福や繁栄が訪れると言われているそうです。そんな想いを込めてつけられました。

客室はファーストクラスからエコノミークラスまでの520席

総2階建てのA380に設置される座席数は、ファーストクラスからエコノミークラスまでの全520席。エコノミークラス以外は2階に設置させ、1階はすべてエコノミークラスとなります。

ファーストクラス – 日本の航空会社で初めて個室型シートを採用

2階席最前方は、ホノルル線では初めて設置されたファーストクラスです。日本の航空会社としては、初めてドア付個室型シートを採用。32インチタッチパネル式大型液晶ワイドスクリーンも完備され、プライベートやプライバシーにこだわる富裕層を満足させられる造りとなっています。

ビジネスクラス – 真ん中席はファミリー層を意識した並び席に

ANAのビジネスクラスといえば、互い違いに座席を配置した「ANA STAGGERED」が有名ですが、ホノルル線は家族や恋人との利用を想定して真ん中席の一部が並び席となっています。もちろん全席通路ダイレクトアクセス・フルフラットシートで、快適な空の旅が約束されています。

プレミアムエコノミークラス – 73席が設置され、より使いやすく

近年大きく利用者を伸ばしているプレミアムエコノミークラスは、73席が設置されています。ゆとりある38インチのシートピッチに、フットレストとレッグレスト、15.6インチのクラス最大級タッチパネル式パーソナルモニターも完備され、ちょっと贅沢な旅を求める人にぴったりな作りとなっています。

エコノミークラス – 383席を完備し、全席にPC電源、USBポート、タッチパネル式液晶モニターを完備

最大席数のエコノミークラスは、全席にPC電源とUSBポートが完備された圧巻の383席。これだけの席数が設置されることで、これまでホノルル線のなかでも比較的高価だったANA便が、一気に利用しやすい価格になることが期待されています。

エコノミークラスの最後方60席は寝転がりシート「ANA COUCHii(ANAカウチ)」

まさかANAがカウチシートを設置してくるとは驚きました。カウチシートとは、エコノミークラスの座席の肘掛をすべてあげて、通常、足を置く部分にオットマンのようなものも置くことで簡易的なベットとして利用する座席のことです。ニュージーランド航空の「エコノミーカウチ」が有名です。

今回ANAは、日本の航空会社ではもちろん初となるカウチシート「ANA COUCHii」1階席の後方に60席に設置しました。利用人数に応じた追加料金を払うことで、3席もしくは4席分のレッグレストをあげて、ベッドのように利用することが可能です。またカウチシート専用の寝具も用意されます。子供連れや、ビジネスクラスを利用するまではないけれども、のんびりとくつろぎながら旅をしたいカップルなどに最適です。

子供連れに優しい多目的ルームが完備

子供連れが多く利用することが予想されるホノルル便では、A380の巨大機材のメリットを利用して、オムツ替えや授乳、着替えなどに利用できる多目的ルームが完備されています。これは本当に嬉しい!これまでのように、化粧室の狭いスペースで行う必要はもうありません。

すべてのクラスにバーを完備

これまでビジネスクラス以上で設置されていたセルフバーが全クラスに設置されます。客室乗務員の方に気を使うことなく、自分のペースで飲み物やスナックをいただくことができます(もちろん客室乗務員の方にお願いしても喜んでサポートしてくれると思います)。

機内WIFIも完備

もちろん最新機材にふさわしく、ANA機内WIFIも利用できます。

確実に変わる、ANAのホノルル便

これまでのANAとは全く違うホノルル便。座席数の爆増により、価格が下がるだけでなく、これまで取ることが不可能とまで言われていたマイレージを利用した特典航空券の枠も大幅に拡大されることが予想されます。これまでJALが長らくNo.1として君臨し続けてきたホノルル路線に、ANAはどこまで追いつけるのか?そして追い越せるのか?来年春が本当に楽しみです。

(今回利用したすべての画像はANAの公式ウェブページから引用しました)