ANA国内線のお得な予約方法

国内線はANAを利用しています。国内線を利用する際にこれまで様々な予約方法を試してきましたが、最近王道の予約方法がわかってきたのでまとめてみます。

国内線の航空券を予約する際は、まず下記の3点を確認しましょう。

  • キャンセルや便変更の可能性があるか?
  • 搭乗日までの日数が1週間以上あるか?
  • ホテルが必要か?

キャンセルや便変更の可能性がある場合、搭乗日まで1週間以内の場合は株主優待券を利用する

まず、もっとも重要なポイントは、キャンセルや便変更の可能性があるのか?ということです。安価なチケットやホテルとセットになって安くなっているパックプランは、ほぼキャンセルや便変更ができません。したがって、これらの安価なチケットを利用した場合は、最悪の場合キャンセル料がかかってしまう場合があります。

このように、予定が確定しないときに使うのが、株主優待券を持っている人専用の運賃「株主優待割引」です。

株主優待割引とは?

株主優待券は、ANAの株式を1000株以上持っている人に配布されるクーポン券のようなものです。このクーポン券を持っていると、株主優待割引で搭乗することができます。この株主優待割引は、便変更やキャンセル可否、マイル積算などの条件が最も有利な普通運賃と同等になる一方で、運賃は半額近い金額になります。したがって、キャンセルや便変更の可能性がある場合は、この株主優待運賃が活躍します。

羽田-新千歳便で見てみましょう

ここでケーススタディとして、本日(2015年3月20日)の羽田から新千歳便の予約状況を見てみましょう。

スクリーンショット 2015-03-20 11.48.29

当日に航空券を購入する場合、割引運賃は一切適応されませんので、普通運賃以外では、身体障害者割引や介護割引でしか搭乗することはできません。しかしながら、株主優待割引は例外として購入可能となっています。これが普通運賃と同様ということです。一方で値段はほぼ半額になっています。また、便変更やキャンセルも普通運賃同様ギリギリまで可能です。打ち合わせが早く終わったから1本早い飛行機で帰りたい、夜会食が入ったので次の日に帰りたいといったことがあっても、柔軟に対応することが可能です。

1 2 3