マンダリンオリエンタル東京「SENSE」に中華を食べに行ってきた

5月の初旬、マンダリンオリエンタル東京の「SENSE」に行ってきました。GWということもあり、特別コースだけのランチでしたが、非常に満足のいくものでした。

予約はいつも通りアメリカンエクスプレスのプラチナコンシェルジェデスクにお願いします。実はホテルのウェブ予約では昼の遅い時間しか空いていなかったのですが、Amexからは希望の時間で予約が取れた旨の連絡をいただきました。アレルギーなどの基本情報は同伴者含めて登録済みなので安心です。

今回は2人でしたが、円卓の広いテーブルを準備いただきました。すぐそばの窓からは東京の景色が一望できます。

席に着くとGW特別メニューのご説明をいただきます。今回は下記のコースとのこと。

tokyo-restaurant-sense-weekday-lunch-menu

もちろん一番の楽しみは手作り点心のビュッフェです。こちらそのメニュー。通常のメニューとは別紙でいただきます。

乾杯のワインを注文して、いよいよ前菜からいただきます。

スープはかぼちゃのスープをチョイスしました。かぼちゃのスープと聞いて少し甘いものを想像していたのですが、蟹肉が入ったことでいっきに味が引き締まります。

そしてシェフおすすめの点心3つ。これらの点心が気に入れば、次からのフリーフローでもお願いできるようです。

そしてお魚料理。とても肉厚でジューシーなお魚でした。

ここまででも十分なのですが、このあとに点心のフリーフローがはじまります。何度かに分けてたくさん頼んだので、何を頼んだかも忘れてしまいましたが、とにかくどれも上質で味わい深いものばかりだったことは間違いありません。

餃子だけではなく、饅頭や春巻きなどの揚げ物、焼売やスペアリブなどもいただけます。

だいぶ満腹になったところで、最後の締め、そしてデザートと続き、2時間強のディナータイム終了です。

マンダリンオリエンタル東京館内も少しご紹介

せっかくなのでホテルの館内も少しだけ。マンダリンオリエンタルは、三越前駅から直結のビル内にあります。実は都内でもお気に入りのホテルの1つで、SENSE以外のレストランもよく利用しています。

「ピッツァバー ON 38TH」もオススメ

マンダリンオリエンタルで、私がオススメするのはSENSE以外にもう1つ。それは「ピッツァバー ON 38TH」です。オールデイダイニングの「ケシキ」内に8席だけあるピッツァバーでは、目の前の窯でピザを焼いてくれます。お値段も2,500円ほど。実はチェーン店のピザとさほど変わりないんです。ランチ営業もしているようなので、少し贅沢ランチをということでしたら、この「ピッツァバー ON 38TH」でピザ&ビールランチはいかがでしょうか?

マンダリンオリエンタル公式サイト

関連記事