ANA、プレミアムエコノミークラスへの入札制アップグレードサービス「Bid My Price」を発表 〜スーパーフライヤーズ会員への無料アップグレード特典は実質廃止か〜

4月16日、ANAは、プレミアムエコノミークラスへの入札型アップグレードサービス「Bid My Price」を発表しました。指定された地域へのエコノミークラスの航空券を購入すると、自身の希望する金額を入札することで、プレミアムエコノミークラスへのアップグレードに挑戦することができ、運が良ければ安価で上級クラスへアップグレードすることが可能となります。詳しく見て見ましょう。

入札型アップグレードサービス「Bid My Price」とは?

ANA

「Bid My Price」とは、エコノミークラスの航空券購入者でプレミアムエコノミークラスへのアップグレードを希望する人が、自身が希望する金額を入札して、アップグレードに挑戦することができるサービスです。たとえば、プレミアムエコノミークラスに残席があり、複数の希望者が入札を行なった場合、もっとも高く入札した人が、その金額でアップグレードされることになります。極端に言えば、残席1席で、2人の乗客のAさんとBさんが10円と100円で入札した場合、Bさんは、たった100円でプレミアムエコノミークラスにアップグレードできるということです。

対象者はアメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア発着便の有償エコノミークラス航空券保持者

今回のサービスは、

  • アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア発着便のエコノミークラス航空券保持者
  • 有償のエコノミークラス航空券保持者
が対象です。 注意すべきなのは、アジアは含まれていないことと、特典航空券は対象外ということの2点です。

利用までの流れ

Step.1 対象者へ出発7日前に案内メールが届く

入札に参加可能な対象者に、ANAから出発7日前に案内メールが届きます。この時点でメールが来なかった場合は対象外ということになります。

Step.2 入札希望者は、出発72時間前までに入札を行う

入札希望者は、決められた価格範囲のなかで希望する価格を入札します。入札は、日本円・米ドル・英ポンド・ユーロから選択可能です。

Step.3 クレジットカードの登録を行う

落札できた場合に決済されるクレジットカードを登録します。落札できなければ、もちろん料金はかかりません。

Step.4 落札された場合は、24時間前に連絡が来る

見事落札でき場合は、出発24時間前に入札金額で決済が行われ、アップグレードされた新しいEチケットが送られます。

同じ金額で入札が複数された場合はどうなるのか?

残席が1席しかない場合に、同じ金額で複数の人が入札した場合はどうなるのでしょうか? ANAによると下記のように処理されるようです。

アップグレードは入札額の高いお客様より順に確定いたします。複数のお客様より同額で入札をいただいている場合は、ご購入された航空券の予約クラス、ANAマイレ-ジクラブの会員ステイタス、入札実行日時の優先順位に基づき、アップグレードを確定いたします。

つまり優先順位は、

  1. 価格
  2. 航空券の予約クラス
  3. ANAマイレ-ジクラブの会員ステイタス
  4. 入札実行日時

となります。 価格は当然だとして、重要なポイントは、航空券の予約クラスのほうがANAマイレ-ジクラブの会員ステイタスより優先されるということです。また、入札実行日時も条件に含まれますので、なるべく早く入札したほうが、落札できる確率はより上がります。

その他の注意事項

マイルの積算、旅程の変更可否はご購入いただいた航空券に適用されている運賃規則に基づきます。

プレミアムエコノミーにアップグレードされても、獲得できるマイル数などは購入した航空券に適応されている条件のままなようです。

アップグレード先のプレミアムエコノミーの座席指定は事前に承ることができません(出発時刻の24時間前からオンラインチェックインにて座席指定の変更が可能な場合があります)。

座席指定はできないので、たとえば家族連れなどの場合は注意が必要です。

同一予約で複数名お申し込みいただいている場合、本サービスのご案内メールは代表者の方に送付されます。サービスをお申し込みいただく場合は同一予約内の全員が対象となり、合計金額には全員分の必要な税金・手数料などが含まれます。

ここも注意が必要なポイント。たとえば家族3人分の航空券を予約した場合、全員アップグレードにチャレンジするかしないかの2択しかなく、特定の1名分だけアップグレードにチャレンジすることはできないようです。

JALは固定価格での有償アップグレードサービスを提供済み

競合のJALは、固定価格での有償アップグレードサービスをすでに提供しています。

価格は、概ね30,000円から40,000円ほどです。おそらくANAも同じような価格帯に落ち着くのではないかと思っています。

スーパーフライヤーズ会員への無料アップグレード特典は実質廃止か

一番気になるポイントはここではないでしょうか?これまでANAは、スーパーフライヤーズ会員に出発24時間前から空席に応じてプレミアムエコノミークラスへの無料アップグレードサービスを提供していました。有償のJALに対して、ANAは無料での提供だったため、ANAを利用し続けていた方も多いと思います。

今回の「Bid My Price」によって、このサービスそのものが廃止されるわけではありませんが、まず24時間前までに有償のアップグレードが実施され、そのあと24時間前からスーパーフライヤーズ会員向けの無償アップグレードサービスが実施されると考えると、アメリカ・ヨーロッパ・オーストラリア路線では無償アップグレード用の空席が残る可能性は実質ほぼなくなることが予想されます。そのため、この無償アップグレード特典は、実質これらの路線では廃止されると考えて問題ないでしょう。 実は、ANAではスーパーフライヤーズ会員向けの無料アップグレード特典の利用方法を、段階的に変更していたようです。2年ほど前までは、航空券の予約クラスなどに関わらず、すべてのスーパーフライヤーズ会員は24時間前からウェブチェックインを利用することで先着順にプレミアムエコノミークラスへアップグレード可能でした。しかしながら、1年ほど前からは、ウェブチェックインを使えないケース、つまり空席はあるはずなのにウェブチェックインをしようとすると満席の表示になってしまうケースが散見されていました。実際に空港のカウンターでお願いをするとアップグレードしてもらえる場合もありましたが、断られるケースもありました。 もしかしたら、プレミアムエコノミークラスに対して、スーパーフライヤーズの会員を全員先着順で無償でアップグレードするには限界があったのかもしれません。

実際にどの程度の価格帯での落札が多くなるのかなど、気になるポイントも多い新サービス、また続報がわかり次第お伝えします。