アラスカ航空とJALが提携、JALビジネスクラスを利用したアジア旅行が驚愕の25,000マイルから

JALのビジネスクラスといえば、世界の航空会社の中でもトップを争うほどの快適性を兼ね備えています。今回JALはアラスカ航空と提携、双方のマイルプログラムからお互いの特典航空券を利用できるようになりました。実はこの提携により可能になったアラスカ航空のマイルからJALの特典航空券を発券するときの条件が、誰もが驚くものだったのです。

アラスカ航空とJALが提携

アラスカ航空は、あまり日本に住んでいると馴染みがない航空会社だと思います。スターアライアンスにもワンワールドにも属していません。このアラスカ航空は2016年、JALとの提携を発表しました。これにより、アラスカ航空のマイルを利用して、JALの特典航空券を発券することが可能となりました。

JAL、アラスカ航空との提携を開始 – JALプレスリリース

アジア間路線に注目

では、いったい何マイルでどこまでいけるのでしょうか?アラスカ航空のウェブページから必要マイル数を確認することができます。提携航空会社を利用する際は、航空会社によって必要マイルが異なるので、まずはこちらのページでJALを利用する際のマイル数を確認します。

ここで注目すべきは、アジア間の必要マイル数です
screenshot-2016-12-10-23-00-48

ビジネスクラスで片道25,000マイル、往復50,000マイルです。たとえば羽田-シンガポール-羽田をJALのビジネスで往復すると50,000マイルが必要ということです。

screenshot-2016-12-10-23-09-21

ただし、今回の狙いはこれではありません。私たちは日頃、発券はすべて日本からの往復を考えますが、航空券は片道、もしくは日本以外からでも発券することができます。たとえば先ほどの羽田-シンガポール-羽田をシンガポール発にすると、シンガポール-羽田-シンガポールですよね。これも全く同じ50,000マイルの往復になります。

screenshot-2016-12-10-23-09-21

1 2