Amex、Apple Payに対応開始

ついにAmexがApple Payに対応しました。これにより、QuickPayもしくはApplePayに対応しているお店では、ApplePayを利用して支払いをすることが可能になります。

Apple Payって何?

Apple Payは、iPhone 7で導入されたスマホ決済サービスです。コンビニやタクシー、様々な場所でカードを出さずに携帯でそのまま支払いすることが可能です。日本では「おサイフ携帯」という名前で広まったサービスの類似サービスです。

たとえばいつもの電車で。

Apple Pay – Apple(日本)

たとえばいつものカフェで。

Apple Pay – Apple(日本)

たとえばいつものタクシーで。

Apple Pay – Apple(日本)

AmexがApple Payに対応

Apple Payに対応するためには、あらかじめiPhoneにクレジットカードを登録する必要があるのですが、これまでAmexは対応していませんでした。しかし、2017年3月1日より、Amexが対応を発表しました。


ついに登場!アメックスで Apple Pay – アメリカン・エキスプレス(アメックス)

AmexをApple Payに登録してみる

まずは、iPhoneのWalletからカードの登録画面にいきます。

クレジットカードを選択。

カードをカメラで写すと自動的に番号を読み取ってくれます。

有効期限とセキュリティコードを登録します。

1分ほどでアクティベーションが終了して、無事に登録することができました

バーチャルカードの画像も、クレジットカードのレベルによってわかれているようですね。これまでタクシーなどではiDを利用していたのですが、今後はAmexで簡単に決済できそうです!