羽田→ニューヨークJFK(ANA NH110 ビジネスクラス) 搭乗記

機内食のレベルが格段に上がっていた

離陸後すぐにメニューが配られます。ANAの機内食は、とくに近年本当に美味しくなったなと感じます。今回は洋食をチョイス、飲み物は食事にあわせてシャンパン、白ワイン、赤ワインと順番にいただきました。 まずはアミューズとシャンパンをいただきます。 それから前菜とブレッド、そしてスープ。以前は決められたパンのみでしたが、今回は数種類から選ぶスタイルに変わっていました。せっかくなので全種類いただきました。スープは暖かいコーンスープです。 メインは牛肉をチョイス。これが感動するくらい美味しくて、機内食のレベルではありませんでした!非常に柔らかく、マッシュポテトも滑らかで、このままレストランで食べたいくらいです。 デザートはワゴンから好きなものをチョイスします。今回はチョコレートのムースケーキをいただきました。 食後酒を勧めていただいたのでこちらをいただきました。あまり食後酒というのを飲んだことがなかったのですが、アイリッシュコーヒーのような味でとても美味しかったです。 食後にコーヒーを飲みながら、映画を1本楽しんで、少し溜まっていた仕事をこなしてから、座席をフルフラットにして仮眠をとります。なにせニューヨークと日本は時差が13時間、ほぼ逆転なので昼便とはいえ寝ないと到着してからが大変です。さすがにニューヨークは深夜ですが、日本は昼なので熟睡はできず、起きたり寝たりを繰り返しながら5時間ほど仮眠をしました。

1 2 3 4