イスタンブル国際空港「トルコ航空ビジネスクラスラウンジ」体験記

イスタンブル国際空港は、トルコ航空のハブ空港として、24時間365日世界中の人・モノを運び続けています。今回は国際線乗り継ぎのときに利用したトルコ航空のビジネスクラスラウンジをご紹介します。

トルコ航空ビジネスクラスラウンジは、トルコ航空ビジネスクラス利用者に加え、スターアライアンスゴールドメンバーでも利用することができます。 lounge_1

利用にパスポートのチェックはありません。自動改札ゲートに搭乗券のバーコードをかざすと入る事ができます。 lounge_31

まず入って驚くのはその大きさ。2階建ての超巨大ラウンジの中に様々な施設が揃っています。 lounge_7 lounge_2 lounge_4 入ってすぐのところに無料の鍵付きロッカーがあるので、そこに必要ない荷物をすべてしまいます。 lounge_28 WIFIも搭乗券をかざすと、氏名にくわえて、接続用のIDとパスワードが書かれた紙が出てきます。 lounge_30 ラウンジ内はとにかく広く、どこに座ろうかと悩むくらいです。 lounge_5 lounge_6 lounge_19 lounge_13 lounge_22 ゴルフ練習スペース lounge_14 ゲームコーナー lounge_12 もちろん仕事スペースも。 lounge_33 そして嬉しいキッズスペース。 lounge_24 ビリヤード台 lounge_29 シアタールームまで完備です。 lounge_32 食事を作っている様子もガラス越しに見ることができます。 lounge_15 lounge_25今回は利用しませんでしたが、マッサージルームやシャワーはもちろん、仮眠室まで完備。全て無料。そのへんのホテルよりよっぽどくつろげそうです。 635749633632182813yc 635956972047344106of 636059913370419659us 一般的にシンガポールのチャンギ空港や、ドバイ空港などのハブ空港は、その国のフラッグキャリア(シンガポール航空やエミレーツ航空)の顧客を大切にしている傾向にあります。そのため、たとえばシンガポール航空は自社便のビジネスクラス用のラウンジと、他社便やスターアライアンスゴールド用のラウンジをわけています。一方で、イスタンブール国際空港は、スターアライアンスゴールドであれば、ほぼすべての特典をトルコ航空利用者と同じようにうけることができます。ヨーロッパの多くの都市に数時間でいけてしまう高い利便性も助かります。また近いうちに利用したくなる素晴らしいラウンジでした。

関連記事