リッツカールトン東京「ひのきざか」に鉄板焼きを食べに行ってきた

4月の桜の季節。昼食でリッツカールトン東京の「ひのきざか」に鉄板焼きを食べに行ってきました。

予約はAmexのプラチナコンシェルジェデスクにお願いします。今回は食事のあとに花束もお願いしました。電話1本ですべて手配完了です。

リッツカールトン東京は、東京六本木の東京ミッドタウン内にあります。この東京ミッドタウンは、多くの人々が桜を目当てにやってくる桜の名所としても有名です。当日は5分咲きほどでしたが、それでも壮大な景色でした。

26563129766_33dfbb390e_k

エレベーターを上がりロビーフロアを左に曲がると、リッツカールトン東京「ひのきざか」があります。中には天ぷら、お寿司、そして鉄板焼きのコーナーがそれぞれあり、カウンターの他にテーブル席も。私たちは鉄板焼きカウンターをお願いしました。

26316094540_12fd2b4d0f_k

26563128196_f5f79b9065_k

席に着き、1杯だけビールをお願いします。カウンター奥には日本各地の有名牛が並んでいます。

26563137866_21bfe01c60_k

26316111120_2719eabc42_k

26316114520_012206bf27_k

しばらくするとご担当いただくシェフの方がご挨拶に来ていただきました。本日はメインにサーロインをお願いします。

まず、前菜としていただくのが「燻製した初カツオのたたき」「桜海老と春野菜のサラダ」そして「車海老と蛤真丈のお吸い物」です。

26563136686_9d6cea95be_k

26563134036_d67921385f_k

お吸い物はその場で調理していただきます。鉄板でお吸い物を作るという何とも珍しい光景です。なんでもこの鉄板はかなりの高温になるものらしく、実は天ぷらもこの鉄板でできてしまうほど。シェフの方でも家庭の火力で鉄板焼きを作るのはやはり難しいそうです。

26316109790_d757d3aabd_k

26316106990_e45e6aa071_k

26563135926_d577af31b7_k

海老はお吸い物に使わない部分はおせんべいにしてただきます。意外にもこの海老が鉄板焼きの中で一番難しい食材らしく、伊勢エビのように身が取れやすいものであれば、比較的火を通せば簡単らしいのですが、車海老はかなり難しい食材だそうです。

26563135056_5ccf5e6a68_k

26563134446_cf990013de_k

26316104620_d9c8d7c740_k

そしてメインのお肉。完璧な焼き具合と上質な油で最高のひと時です。

26316095530_ac08ca9d1f_k

26563132806_5bc16dc5f6_k

26563133576_25dfdeb223_k (1)

付け合わせの野菜とともに。

26563132216_db731c65e9_k

26316101090_62c56e63bd_o

ご飯はガーリックライスをいただきます。

26563131366_73f1e65ee0_k

26316099200_52eaf9d564_k

最後にデザートとコーヒー。プラチナコンシェルジェデスクでお願いしていたお花も持ってきていただきました。

久しぶりにゆっくりとした昼食をいただきました。

関連記事